ヴィスコンティ・ブレラ・ブランビラ版/The Visconti Brera-Brambilla-Majors

1463年、フランチェスコ・スフォルツァ の命を受け
ボニファチオ・ベンボ(Bonifacio Bembo1447 -1477年活躍)
によって描かれたタロット(Wikipediaより)
Brambilla-image00tri.JPG

さて、こちらのTarocchi、フランチェスコ・スフォルツァの命によるものとのことですが、誰でしたっけ?

では、現存する最古のタロット、ヴィスコンティ版は誰の命で作られましたっけ?
そう、ミラノ第三代侯爵フィリッポ・マリア・ヴィスコンティでした。
そのフィリッポの娘婿が、フランチェスコ・スフォルツァでございます。

フラシスコはヴィスコンティ家に代々使える傭兵の氏族でしたが、その勇敢な活躍ぶりによって、フィリッポから「力あるもの=スフォルツァ」の称号を与えられ、娘婿に抜擢。第四代侯爵にのし上がった男。

フィリッポは1447年、57歳で崩御。その後、フラシスコ・スフォルツァがすんなり後継者へと移行できたわけではなかったこと等、この辺の下りは山川出版社『タロットの歴史』p.26に刻まれております。。

このヴィスコンティ・スフォルツァ一族が立役者となりまして、タロット文化が世に花開くわけではございます。

この世には、ヴィスコンティ・スフォルツァ版と呼ばれるタロットが3種現存している次第です。

ひとつは、ヴィスコンティ版ベルガモ・パック。→かなり省略形の呼び方。「ピエールポント・モルガン・ベルガモ・パック」が正式名称?というか、NYのピエールポント・モルガン美術館と伊ベルガモ美術館の2つで現物が保管されていますよという呼称を持っておりますね。

二つめは、ヴィスコンティ版キャリー・イエール・パック。→「キャリーさん所有でしたが、米コネチカット州イエール大学の図書館に寄贈されました」という意味の呼称。もしくは、当初復刻作品を販売したモドローネ氏にちなんで「ヴィスコンティ・ディ・モドローネ・パック」とも呼ばれています。

そしてこちらが三つめ、ヴィスコンティ版ブレラ・ブランビラ・パック。→「ブレラさん所有でしたが、伊ミラノのブランビラ美術館に寄贈されました」という意味の呼称。
ヴィスコンティ・ブレラ版でも、ブランビラ・パックでも解ればええでしょう。
はい、それでは、ブランビラ版のお箱のふたを開けてみましょう☆彡
Brambilla-image01.JPG

メイカーさんが一点一点手作業でほどこして下さる熱々のワックスシーリングがつや光りしています。
Brambilla-image02.JPG

シーリング入りの封印をはずして全開放。箱の底に小さな注意書き=ハンドメイド作品につき、若干の反り、かすれ、よごれがあることがございます。。ご理解頂ければ幸いです。
当社取扱い中のヴィスコンティ・タロット・イエール版/Tarocchi Visconti di Modrone をお買い物求め頂いたことがございます方には、同様の紙質・感触でございますことをお伝えしております。
Brambilla-image03-5.JPG

絵札総数48枚中、貴重な2枚の大アルカナ! 神々しい! 死守です。
Brambilla-image04.JPG

「皇帝」カタジロワシの紋章。これがキーでもある。

Michael Dummet(マイケル・ダメット)著「The Viscnti-Sforza TAROT CARDS」によれば

***

フランチェスコ・スフォルツァが公位を継承できたのは、ロンバルディーの都市を一つ、また一つと攻略し、最終的に、1450年にようやく、ミラノの降伏を受け入れた後のことです。公位は、世襲によって受け継がれるべきものであり、もちろん、フランチェスコ・スフォルツァは、正当な公位継承権を持たなかったのですが。彼は、自らが、ヴィスコンティによる統治の正当な継承者であると思わせたいと躍起になっていました。ですから、ヴィスコンティ家の紋章やモットー(小アルカナでキーになる)なども全て、自らのものとして継承したのです。スフォルツァ家の独特の紋章である三つの繋がった輪と共に、ヴィスコンティ家の紋章がいくつも描かれていることこそ、ヴィスコンティ・スフォルツァ版がフランチェスコのために作られたことを示す決定的な証拠となるのです。三つの輪は、月桂樹や椰子の葉(ヴィスコンティ家の紋章)と共に、公爵の冠と関連付けられ、「皇帝」や「女帝」の装束に描かれています。フランチェスコが、自ら公位を継承する以前に、そのような関連付けを容認するとは考えられません。したがって、ヴィスコンティ・スフォルツァ・パックが描かれたのは、1450年以降と考えて間違いありません。
*****

なるほど、絵柄のパーツに様々な情報、ヒントが満載なのですね。
この後、マルセイユ版の絵柄にも取り入れられていく「黒いカタジロワシ」。

下右)当時流行した寓意画さながらの「運命の輪を回す女神」。ベルガモ版、CY版と大変似ています。
Visconti Brambilla-04.jpg  Visconti Brambilla-10.jpg

絵の具の金には、エナメルとかラメのような光沢はありませんので、一瞬「黄色?」に感じられましたが、いやはやどうしてどうして「金色」です。当時のテンペラ画、さぞかし豪華だったことでしょう。

小アルカナへ続く。。



この記事へのコメント